食後の倦怠感について

柿木園鍼灸・整体院

03-6380-4642

〒160-0022 東京都新宿区新宿1-14-10 松山ビル2階

診療時間:10:00~20:00

lv

食後の倦怠感について

日常での東洋医学の活用法

2018/07/23 食後の倦怠感について

□食後の倦怠感について

 

 

こんにちは

 

今回は食事(昼時)後の

ダルさ・眠くなる・横になりたくなる症状についてです。

 

 

みなさんは、

お昼のランチを終えた午後のお仕事中、

なかなか業務に集中できず、

しばらくすると、ウトウトし始めてしまうことはないでしょうか?

 

 

 

医学的には、

食事摂取による低血圧症状が起こっています。

 

 

 

より直接的な原因としましては、

食物中の炭水化物(ブドウ糖・アルコール・デンプン)によるもの

と考えられています。

 

 

また食べすぎ、暴飲暴食、早食い、高温食の摂り過ぎ、

などが症状を悪化させます。

 

 

 

 

これらは古くから東洋医学でも

健康にまつわる診断の際の重要なポイントです。(飲食不節

江戸時代の報告なども残っています。

 

医学的には、

胃や腸の循環と脳の機能とに

相関があることが知られていますが(例 過敏性腸症候群など

 

古くから漢方医や鍼医が、

それらに既に注目していたことは驚くべきことです。

 

 

 

 

・そういった症状を改善するのを助けるツボの紹介

 

足三里

三里は、胃や腸のアンバランスを整えるのに最適なツボです。

 

関元

お腹のおへその下、数センチ(大体手のひらを横にして、人指し指から小指までの長さ

ほど下の位置にあります。

 

みなさんもどうぞお試しあれ。

 

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

柿木園鍼灸・整体院

【住所】
〒160-0022
東京都新宿区新宿1-14-10 松山ビル2階
新宿御苑前駅から徒歩2分
新宿駅から徒歩12分

【電話番号】
03-6380-4642

【営業時間】
10:00~20:00

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP