スタッフ紹介

柿木園鍼灸・整体院

03-6380-4642

〒160-0022 東京都新宿区新宿1-14-10 松山ビル2階

診療時間:10:00~20:00

lv

スタッフ紹介

オーナーより当院について

オーナーの柿木園(かきのきぞの)純平です。

21才で国家資格(はり・きゅう)
25才で肩を脱臼骨折し自力でリハビリ
26才でメジャーリーガー専属トレーナー
28才で新宿で開業

当院はあなたの「今の健康と未来の健康」を考えて施術しています。

あなたにとって最も大切なのは未来の健康です。
未来が不健康になると分かったいるのに何もしないで痛みと病気がやってくるのを待ってるだけの人にならないでください。

あなたの体は仕事・家庭での肉体的ストレス、精神的ストレスを毎日受けています。
これらのストレスがなくなればいいのですが現実的には難しいです。

そこで注目されるのが「ずば抜けた回復力」です。
ストレスを受けたとしても、ずば抜けた回復力が備わっていれば健康的な未来が待っています。

ずば抜けた回復力とは、朝起きた時に疲れが残ってなくスッキリ目覚める状態です。
こうした体を手に入れるには血流を良くするのが最良の方法です。

血流を良くするためには
①筋肉を柔らかくする
②内臓の活動を活発にする
です。

そして、この2つを可能とするのが鍼灸治療です。
鍼灸治療は内臓と関連してるツボを使いつつ、筋肉を柔らかくしてくれます。

ずば抜けた回復力が身につけば
・肩こりと病気の予防をしながら仕事、家族、趣味が楽しくなる
・体の歪みがなくなるので、スタイルが良くなる(体型を維持できる)

など、未来の健康を手に入れる事ができます。

「今、肩が辛いから未来なんていいから何とかしてくれ」と思う人もいるでしょう。

おっしゃる通り、未来の健康に目を向けるには、今の健康が不可欠です。
最優先に今の健康を手に入れるための施術をします。
そして症状が落ち着いた頃に、未来の健康のための施術を行います。

最後に、あなたに質問です。
「もう、その場しのぎで生きるのは辞めませんか?」

・肩こりが辛くなったからマッサージに行く
・首の痛み、頭痛が出たから薬を飲む
・お腹が空いたからファストフードに行く
・太ったからダイエットする

ここまで読んでくれたあなたなら分かって頂けたと思います。
新宿の鍼灸院として

あなたの「今の健康と未来の健康」を築くのが、当院の理念です。

スタッフ紹介

オーナー
柿木園 純平
かきのきぞのじゅんぺい

柿木園鍼灸・整体院の院長

1985年8月5日

鹿児島県薩摩川内市に生まれる。

その後、
イタリアのミラノ 〜 川崎市 〜 柏市 〜 荒川区町屋 〜 柏市 〜 新宿区下落合に移り住み現在に至ります。

モデル、ランナー、アーティストなどの体のメンテナンスをしています。

 

【経歴】

2007年3月

東京スポーツメディカル専門学校 鍼灸科卒業

鍼灸師の国家資格取得

 

2007年4月

菅原はり灸接骨院に勤務
千葉県柏で行列ができる接骨院で修業

 

2007年11月

研修でシアトリマリナーズへ

 

2009年6月

海外アーティストのライブに帯同

 

2009年10月~

鍼灸指圧院アルファウェーブに勤務 主任

 

2011年3月
メジャーリーグのキャンプに帯同(シアトルマリナーズ)

 

2011年4月
都内の高校野球部で治療(甲子園出場)

 

2011年10月~
茨城県竜ケ崎市のニュータウン中央接骨院 副院長

 

2012年4月~
マッサージ派遣業務 (ビジネスホテル等など)

 

2012年10月~
柿木園治療院を開業

 

 

【趣味】

フットサル、旅行 、地図を見ること。

院長
上野 真一
うえのしんいち

ueno

社会人として働いていましたが体調を崩すことが多くなり、知人の紹介ではり灸の世界に興味を持ちました。
当時、父親が中国で仕事をしていて、偶然にもはり灸の本場である中国で治療を受けており、自身も初めての治療を経験し、その効果に驚き、仕事を辞めて鍼灸師になりました。

国家資格を取得して現在は当治療院で院長として従事しております。
毎日ランニングをしている中で、身体の使い方で痛みが出現する事に気づき、局所的に診るのではなく全体を診て施術にあたっています。
しっかり説明をして納得できる治療と指導を心掛けています。

受付
山下
やました

yamashita
  • ・東京都在住
  • ・静岡薬科大学 卒業
  • ・静岡薬学研究所(大学院)卒業

 

【国家資格】
薬剤師

 

【趣味】
ダンス

 

【その他】

製薬会社で化粧品の研究をしてました。
現在は子育てをしながら薬局でも働いてます。

TOP